バイアグラは世界中で愛用されているED治療薬ですので、ジェネリック医薬品も種類が豊富です。特にカマグラゴールドが人気です。

  1. HOME
  2. >
  3. バイアグラ・ジェネリックは種類が豊富

バイアグラ・ジェネリックは種類が豊富

バイアグラは1998年アメリカで発売されてから、今でもED治療薬の中で一番人気があります。
有効成分のシルデナフィルは元々は狭心症の治療薬として開発されていました。
実際狭心症にはそれほど効果は見られず、開発を中止しようとしたところ、服用していた臨床者から副作用として勃起しやすくなったとの報告があり、そこから、ED治療に役にたてるのでは?と再開発されました。
発売当初は、男性の夢がかなう薬だと、人気が沸騰し社会現象を巻き起こしたほどです。
今でも日本国内でのクリニックなどでED治療に役立てており、人気は衰えていません。
そんなバイアグラですがジェネリック医薬品があるのをご存知でしょうか?

ジェネリック医薬品、聞いたことはあるけどよくわからないという人が多いのが今の日本国内の現状です。

バイアグラが先発薬になるのですが、薬には特許というものがあります。
その特許が切れたものに対して同じ有効成分で他の会社が薬を作れるという事です。
バイアグラと同じ効能の治療薬を開発することができます。
すでに安全性や効果が認められている有効成分を使用しますので、開発費用がかなり抑えられます。
その分、先発薬よりも安価な値段で販売ができることになります。

今現在、バイアグラを日本国内で入手するには、病院で処方してもらうしか方法はありません。
他のED治療薬のシアリスやレビトラも同じなのですが、保険が適用されません。
バイアグラは1錠1500円から3000円の相場ですので、簡単に購入できるものではありません。
ジェネリック医薬品は同じ効果ですので、安く購入できるのであれば手軽に手に入れることができます。
バイアグラは人気の治療薬ですので、ジェネリック医薬品も種類がかなりあります。
人気があればそれだけ、購入が見込めるという事です。
日本国内だけでも、数種類のバイアグラのジェネリックがあります。
特に海外では豊富な種類があり、その中でもカマグラゴールドは人気の治療薬です。
インドの製薬会社が販売しているのですが、同じ有効成分が含まれていながら、値段はバイアグラよりもかなり安い価格で販売されています。
バイアグラは長い間、世界中で愛されているED治療薬です。
それだけ、ジェネリック医薬品も種類が豊富にあるということです。

その他メニュー