バイアグラはED治療薬の中でも最も硬くなる効果があるとされています。持続時間、シルデナフィルの特徴なども解説します。

  1. HOME
  2. >
  3. バイアグラの効果・持続時間

バイアグラの持続時間

幸せ バイアグラの有効成分はシルデナフィルです。
この有効成分の特徴は、短時間で早く効果が実感できます。
他の治療薬に比べ、効果の持続時間は短く、4時間から5時間だとされています。
他の治療薬に比べ、効果の持続時間は短いのですが、そこまで長くなくてもいい方や、短時間でガツンと効果を実感したい方はバイアグラを選ぶ方が多いです。

ED治療薬は興奮がおさまれば勃起もおさまりますが、性的刺激があれば、体力が続く限りは効果が持続時間内であれば何度でも性行為が可能です。女性の方が早く根を上げてしまうケースも多々あるようですので、ほどほどにしてあげましょう。

バイアグラは病院の処方が必要ですが、通販を利用すれば誰にも知られずに秘密で、簡単に購入する事が可能です。ただしバイアグラの偽物を販売している悪質な業者もあるので注意が必要です。信頼できる安全なサイトから購入するようにしましょう。

>> バイアグラの通販の安全性の詳細

バイアグラの効果

バイアグラはEDを改善するED治療薬として世界的に最も有名です。ED治療薬の代名詞と言っても過言ではないでしょう。服用すれば、性的刺激があった時にのみ、およそ30分から1時間で効果があらわれます。近年はEDの原因は年代は関係なく、若い方でも多くの方が発症しています。

硬さで選ぶならバイアグラ

数あるED治療薬の中でもバイアグラは最も硬くなる効果があると言われています。ですので、「とにかく硬くなりたい!」「若い頃のような強さを取り戻したい」「中折れせずにしっかり射精したい」という方には特にオススメのお薬です。個人差はありますが、若い頃よりも硬くなった、という方も少なくありません。

勃起は海綿体に血液が増える事で起こりますが、EDの症状がある方は海綿体の血流が逆流しやすくなっている事が多いとされています。バイアグラはその逆流をおさえる効果があり、普段よりも長く、しっかりとした勃起を維持する事ができるのです。「途中で萎えてしまうのでは」という心配をする必要もなくなります。

バイアグラは早漏改善にも効果あり

また、勃起を長持ちさせる効果がある事から、バイアグラは早漏改善にも効果があると言われています。EDと早漏は併発しやすいと言われていますので早漏でお悩みの方にもオススメです。なお、早漏が深刻な方は、さらに早漏に効果があるスーパーカマグラなども試してみましょう。

バイアグラは精力剤やサプリメントなどとは違い、臨床試験でも80%以上の方に効果が認められた医療医薬品です。そのため、日本では医師の処方が必要になるのです。1錠服用するだけで効果があるので、毎日飲まなければいけないというような手間もありません。また、バイアグラの副作用は頭痛など軽度のもので、効果が切れれば副作用もおさまります。正しく服用すれば危険は一切ない安全なお薬です。

ただし、服用すればどんな状態でも勃起するわけではありません。あくまでも性的刺激があった場合のみです。また、媚薬のように性欲を増したり精子が増えるという事もありません。日本ではバイアグラに関する誤解は多いので、バイアグラの正しい知識を知っておくようにしましょう。

バイアグラの女性への効果は?

バイアグラは男性用のお薬ですので女性は服用できません。ですが女性でも不感症、性交痛などがある方が増加しています。そのような方は、女性用バイアグラを服用してみましょう。濡れやす感じ易くなるので、男性も女性もさらに楽しむ事が出来ます。

シルデナフィルの効果を最大限に得る服用方法・注意点

ディナー バイアグラの有効成分シルデナフィルですが、食べ物の影響を受けやすいとされています。
特に揚げ物や、ラーメン、焼き肉など油が多く含まれている食事は効果が発揮できにくいです。
油が多い食事をとった際は、2時間から3時間くらい間をあけたとしても、消化ができずに効果は期待できないとされています。
通常の食事をした際は、大体2時間くらい間をあけ服用するようにしてください。
なるべく空腹時がいいのですが、どうしても食べなくてはいけない時は比較的に脂分の少ない食事を選びましょう
例えば、和食などがカロリーも少なく油も少ないとされています。

バイアグラの不便なところは食事のタイミングを気にしなくてはいけない事です。
そしてなるべくアルコールも控えるようにしましょう
アルコール自体も血管を広げる作用がありますので、同じく血管を広げる作用のあるバイアグラと同時に摂取すると、血圧が急に下がったりする場合がありますので、注意が必要となります。
飲酒をする場合はたしなむ程度で、大量には決して飲んではいけません。
シルデナフィルですが、元々狭心症の治療用に開発されていた成分になりますので、血圧を下げる作用があります。
それに伴い、使用禁忌な薬、アルコールは気にして飲酒するなど注意の必要があります。

その他メニュー