海外通販の梱包は中身がわからないようプライバシーに配慮されており、郵便局留めなどもできるので家族に知られたくない方でも安心です。

  1. HOME
  2. >
  3. 海外通販の梱包や配送、プライバシーについて

海外通販の梱包や配送、プライバシーについて

海外から薬を個人輸入する場合、購入者がまず心配することはプライバシー問題だと思われます。
風邪薬や、頭痛薬などはあまり気にならいでしょうが、バイアグラなど性に関係する薬や、精神的作用の治療薬など、家族に知られたくない場合などがあります。
インターネットで海外から治療薬を購入する方はあまり知られたくない問題を抱えて購入する方がほとんどです。

郵便局 家に送られると困るという方は、お近くの指定の郵便局留めと言う方法も可能です。
近くの郵便局まで送ってもらって、自分で取りに行きます。
この方法ならば、自分がいない時に家族が薬を受け取ってしまう事は決してありません。
家に直接届けてもらう場合でも、梱包に細心の注意を払っていますので何が中に入ってるか一見分からないようになっています。

薬は小さい段ボール箱に入って送られてきます。
間違っても透明の袋や、外から何が入ってるか見える箱や、封筒などで送られてくることはないので安心してください
商品そのものは、パッケージなどにわかりやすく英語などで薬名が表記されているので、もちろん箱を開けてしまえば何の商品かは一目瞭然ですので注意が必要です。
もちろん税関や郵便局などを通る製品ですので、商品名が記載されてないとだめですが、安心してください。
そこも具体的な商品名などを記載せず、周りにわからないように配慮されています。
具体的な商品名でなく、何が記載されているの?と疑問でしょうが、「サプリメント」「ドラック」「メディシン」などが英語で記載されていることがほとんどです。
なんだかよくわからないものが送られてきたな、ぐらいにしか思われないので安心して配達してもらえます。

ダンボール そして海外からの発送で、飛行機なども経由して送られてくるので破損などの心配もあります。
その点も、きちんとエアークッションなどで梱包されていますので安心して荷物を待つことができます。
海外から個人で薬を輸入することで家族に中身を知られるのではないか、などのプライバシー問題でお悩みの方も大勢いらっしゃいます。
これらの理由から代行サイトを使用することで、プライバシー問題は解決できます
配送方法も郵便局留めなど選べますので、状況に合わせて選ぶことができます。

その他メニュー