薬の海外通販は個人輸入代行サイトを通してインターネットで手軽にできます。病院に行くのに抵抗があるED治療薬も簡単に購入できます。

  1. HOME
  2. >
  3. 海外通販の流通について

海外通販の流通について

日本国内で、処方箋薬を医師の診断なしに郵送等で送ることは基本的にできません。
輸入 しかし、海外から個人で使用する場合のみにインターネットなどで購入することは認められています
ED(勃起不全)になったけど、病院へ行く事に抵抗がある、誰にも病気のことを知られたくない、病院の診察代がもったいないなど、理由はそれぞれですが、何かしら病院へ行かずに治療薬を手に入れたいとお考えの方は多いと思います。
ED治療薬は保険適用外ですので、病院で処方してもらっても保険が使えません。
一番安心、安全なのは病院で処方してもらう事なのですが、保険が使えないのであれば、病院で処方してもらうメリットが少なくなってしまいます。

海外から個人輸入として処方箋薬を郵送してもらう場合ですが、原則として本人が使用する場合のみです。
大量に購入して、日本国内でインターネットで販売するという事はできません。
それゆえに、1回の購入できる薬の量は決まっています。
処方箋薬などは用法容量などをみて1ヶ月分以内と定められています。
海外では食品として販売されていても(サプリメントも含む)医薬品成分などを含んでいたり、医薬品と同じような効能などが得られるものは、医薬品として判断される場合もあります。
例えば、バイアグラは1日1錠の服用方法ですので、最高で30錠分しか購入ができません。

海外通販 では、どのような流れで海外から輸入されるのか説明いたします。
輸入代行サイトを使用した場合、スマホや、パソコンなどでインターネットを使用して商品を選択します。
サイトによっても支払方法は違うと思われますが、カード払いや銀行での先払いがほとんどです。
なぜなら、あくまでも個人輸入を代行しているので、代引きなどは利用ができません
そして支払いを確認できて初めて海外から商品が送られてきます。

海外から送られてきたものは、税関を通ってチェックされます。
そこで、薬などが定められた量よりも多かった場合は、税関で止められてしまう場合があります
チェックして異常がなかった時はそのまま神奈川県にある郵便局へ一回送られます。
そこの郵便局から、最終的に購入者の元へ郵送されます。
日本国内の郵送と違って、10日ほど時間がかかってしまうのにはこの一連の流れが理由となります。
海外から購入した治療薬はすべて自己責任ですので、量や、服用方法などは必ず確認してから購入するようにしましょう。

その他メニュー