バイアグラを病院で処方してもらう人は少数派です。多くの方はプライバシーも守られる、海外からの個人輸入で手に入れています。

  1. HOME
  2. >
  3. バイアグラを処方して貰う人は少数派

バイアグラを処方して貰う人は少数派

バイアグラは、ED治療薬として世界で初めて販売されました。
今でもパイオニア的な存在で絶対的地位を確立しています。
男性特有の悩みであるED(勃起不全)ですが、年々増加の傾向にあります。
EDの治療の為にバイアグラを購入するのですが、日本国内で購入するには病院やクリニックで処方してもらうしか、今現在方法はありません。
バイアグラは、1999年に厚生労働省で製造販売の認可は受けたのですが、薬価未収載に分類される為、保険適用外になります。
保険適用外になりますと、保険証などは必要ないのですが、自費診療となります。
バイアグラの国内での相場は、1錠1500円から3000円です。
したがって、病院での初診料、プラス診断料を含めると相当な金額になってしまいます。
現在、バイアグラを扱ってる医療機関は増えています。

しかし、実際病院などで処方してもらって購入する人は少ないことをご存知でしょうか?

病院で処方してもらうにはまずEDを打ち明けなければなりません。
いくら医師とはいえ、他人には相談しにくい内容です。
そして、女性などがいるクリニックなどは余計足が運ばない方がほとんどです。
しかも、日本国内では薬事法より、処方箋薬などは郵送が認められていませんので病院から郵送してもらうことは不可能です。

そこでバイアグラを入手するために多くの人は、海外から個人で輸入しています
日本国内での郵送は認められていませんが、海外から個人で使用するために輸入することは認められています。
海外から輸入は難しそうですが、実はとても簡単なのです。
インターネットで、代行輸入サイトがあります。
そこで、通常のインターネット販売と同じように購入するだけです。
代行輸入してくれますので、直接海外とやり取りするわけでもないですので、英語などできなくて大丈夫です。
しかも、信頼できるサイトであれば、海外から輸入して偽物だったという失敗もありませんので安心です。

代行サイトを使用する際デメリットは、注文してから時間がかかるという事です。
海外から発送しますので国際郵便はとても時間がかかります。
1週間から2週間はかかるとみていた方がいいでしょう。
代行サイトをいつも使用してる人は、薬がきれそうな頃合いを考えてちょうどいいタイミングで注文してます。
一回目は戸惑うかもしれませんが、二回目以降は安心して注文できます。

インターネットで購入できるのであれば、誰にも知られずバイアグラが購入できます
しかも値段も、日本国内で病院で処方してもらうより安価に購入できます。
診断料や、初診料もかかりませんので、インターネットで購入する人が多いのも納得の理由です。

その他メニュー