EDの治療薬はPDE5阻害薬と呼ばれるもので、海綿体にあるPDE5酵素の活動を抑え、血液を海綿体に流れ込ませる作用があります。

  1. HOME
  2. >
  3. EDの治療薬とは

EDの治療薬とは

問診 勃起したいのに、SEXをするとき勃起が十分に出来ない、勃起できても長続きしてくれないなどの症状をED(イーディー)と言います。
今現在日本でEDで悩んでる男性は2000万人近い人数となっています。
しかしこの人数の中、病院などで相談した経験があるという方は5%未満しかいません。
男性性器(ペニス)が勃起できないという事がとても相談するにあたって、話しにくい内容となっているからです。

最近の病院や診療所などは、個人情報を考慮した診断方法を取っており、問診だけで治療薬等を処方してくれるところも多くなっています
EDの治療薬は保険適用外なので、保険証を提出する必要が無いので、家族にばれてしまうなどの心配もいりません。
治療薬を飲む事だけで勃起してくれるの?と心配な方は多勢だと思われますが、EDの治療薬はあくまでも、勃起を促してくれる治療薬ですので、催淫作用があるものや、精力強壮剤とは違います。

勃起ができなくなってしまう大きな原因は血液の流れによるものです。
性的刺激や、興奮を脳で受け、ペニスへ伝達されることにより陰茎の海綿体へ大量に血液が流れ込むことによってペニスは勃起します。
陰茎の海綿体の血管は他の血管より繊細なもので、少しの異常で血行が悪くなります。
高年齢になるにしたがい、血管の流れや、神経伝達の働きが鈍くなってきますので、年齢を増すごとに勃起しずらくなってしまいます。

EDの治療薬は、ホスホジエステラーゼ5阻害薬に分類されており、略してPDE5阻害薬と呼びます。
PDE5は陰茎の海綿体にある酵素で、活動的になることにより、平滑筋を弛緩してくれる作用のサイクリックGMPを分解させてしまいます。
活発になりすぎてしまうと、大量の血液が陰茎の海綿体へ流れ込まなくなるので勃起が十分にできなくなってしまうのです。
EDの治療薬の有効成分がPDE5を阻害する作用があるので、勃起を促してくれるのです。

あくまでも手助けしてくれる作用になりますので、服用後性的興奮や性的刺激を与えないと勃起できません。
しかし、服用後通常の生活と変わらなく過ごすことができるので、日常生活に支障を与えることはありませんので安心して服用できます。
ED治療薬は現在3種類存在しており、種類により持続時間、最高血中濃度などが変わりますので、症状などにより治療薬を選べます。

その他メニュー