女性用バイアグラ「ラブグラ」は不感症の改善、性交痛の緩和の効果があります。気になる副作用などについても解説します。

  1. HOME
  2. >
  3. 女性用バイアグラについて(副作用など)

女性用バイアグラ(ラブグラ)の副作用

ラブグラ

バイアグラは男性のEDを改善してくれるED治療薬として有名ですが、女性用バイアグラの副作用についてご存知でしょうか?結論から言うと、正しく服用すれば重篤な副作用が起こる事はありませんし、効果が切れれば副作用もおさまります。

女性用のバイアグラとして、現在最も売れているのがラブグラです。成分はバイアグラと同じですので、血行をよくし、不感症の改善、性交痛の改善などに利用されます。

ですので副作用に関してもバイアグラの副作用とほぼ同様になります。主な副作用は、顔のほてり、頭痛、鼻づまり、動悸、めまいなどです。いずれも副作用は軽度と言われています。薬の効果が切れれば自然におさまりますし、用量を守れれば重篤な副作用が起こる事はほぼありません。

ただし、ラブグラは欧米人に向けに作られている薬です。日本人の体型では副作用が強く出てしまう場合がありますので、初めて服用する方はピルカッターなどで半分に割って、少量から飲むようにしましょう。半分で効果をえる事ができれば、価格も安く抑える事ができます。効果が感じられなければ増量して下さい。ただし1回の服用は1錠までですので、次に服用する場合は24時間以上時間をあけるようにしましょう。

副作用については服用方法を守れば心配する事はありません。万が一服用して異常があったり、副作用が長く続くようでしたら医師に相談して下さい。

女性用バイアグラ(ラブグラ)について

女性用バイアグラは数種類ありますが、その中でもラブグラは世界でも最も有名です。

ラブグラはインドの製薬会社Ajanta Pharma(アジャンタファーマ)社が製造販売しています。
アジャンタファーマ社はバイアグラのジェネリック薬品カマグラを販売していることで有名な製薬会社です。
カマグラと言えば、ジェネリック医薬品の中でもNO1の人気を誇っており、信頼のおける製薬会社です。

女性用バイアグラ(ラブグラ)の効果

女性用バイアグラのラブグラですが、有効成分はバイアグラと同じシルデナフィルが含まれています。
服用することにより、血行の流れが促進され、クリトリスや女性器の血行の流れが良くなり、不感症な症状を改善させてくれます。
バイアグラ同様、PDE-5酵素を阻害してくれることにより、膣内や、クリトリスに潤いを与えてくれ、性的に感じる量を間接的に増加させてくれる効果が期待できます。
男性側も、女性の膣内が潤っていると、興奮材料にもつながり、挿入もスムーズに行えます。
女性が感じてる=イコール男性への自信にもつながることから、パートナーでメリットが得られます。
効果の持続時間ですが、個人差にもよりますが、6時間から8時間だとされています。

女性用バイアグラ(ラブグラ)の服用方法

ラブグラの服用方法ですが、性行為が行われる1時間前に1錠、水、またはぬるま湯で服用します。
ラブグラのシルデナフィルの含有量は100mgですので、初めて使用する際は半分や4分の1にカットするなどして様子を見ながら服用して下さい。
なお、服用は1日1回までと決められています。用量を超えた服用は危険ですので絶対にやめて下さい。次に服用する場合は24時間以上空けてからにしましょう。
シルデナフィルは食事に影響が受けやすいので、なるべく空腹時に服用します。

女性用バイアグラ(ラブグラ)を通販で購入する方法

ラブグラは、日本国内では未承認薬品になります。
購入するにはバイアグラ同様、通販を利用しましょう。通販では様々な種類のバイアグラジェネリックが販売されています。
通販を利用すれば病院に行かずに秘密で手間なく購入する事が可能です。 輸入する際は、分量制限があります。
処方箋薬に含まれますので最大で一か月分の量であれば輸入が可能です。

女性用バイアグラ(ラブグラ)は副作用も少なく安全

女性用バイアグラは用法用量を守って服用すれば危険な事はほぼなく、副作用も軽度であっても一時的なものです。安全性の非常に高いお薬です。
現代社会、女性、男性共に性への興味が薄くなってきており、少子化にも繋がっています。
特に女性は、ED治療と同じ様な治療方法が少なく、不感症で悩んでる方が病院へ通うにはかなりの勇気が必要です。
男性だけが楽しむ性行為のみだと、女性は性行為に対して意欲的に進めなくなってしまいます。
ましてや、不感症の場合性行為事態が嫌いだと思われる方も少なくありません。
女性用バイアグラを使用することにより、今まで満足できてなかった女性も、性行為に期待を持てることになるでしょう。

その他メニュー