医薬品の個人輸入は薬事法によって、個人で使用する場合のみ認められています。また一度に購入できる量も一カ月分までと決められています。

  1. HOME
  2. >
  3. バイアグラ個人輸入の数量制限

バイアグラ個人輸入の数量制限

ファイザー株式会社から販売されているED治療薬のバイアグラ。
世界三大ED治療薬の中の一つで、その中で一番最初に開発された治療薬です。
今でも、その知名度は高く、ED治療といえばバイアグラとなるほど実績を残しています。
今現在、日本国内で入手するには、病院やクリニックなどで診断してもらい、薬局などに処方箋を提出し、それから購入する手段しかありません。
そして、薬価基準未収載のため、日本国内では保険の適用ができません。
バイアグラの日本国内での相場ですが、医療機関にもよりますが大体1錠1500円~3000円程度だとされています。
そこにプラス、診断料、初診料などが含まれるので、手軽に購入できるものではありません。
そこで海外から輸入代行サービスなどを使用して安価に購入することができるのですが、あくまでも個人で使用する場合のみ海外から輸入ができます。

厚生労働省で定められている、「薬事法」というものがあります。
それに伴い、薬を大量に海外から輸入し、日本国内などで売りさばくことはできません。
自分が個人で使用する場合のみ、購入できるのです。
もちろん、夫婦の場合、夫の名義で妻が購入することもできません。
女性用の薬は女性が、男性用の薬は男性が購入することしかできないのです。

もう一つ重要なことがあります。
薬を個人輸入する際、数量が制限されています。
バイアグラの場合、処方せん薬になりますので、最高で一か月分までしか購入できません。
他のED治療薬のレビトラやシアリスも含め、バイアグラは1日1錠の服用方法ですので、一か月分として計算すると、最高で30錠までしか輸入できないという事です。

もし、一か月分以上の量を海外からバイアグラを輸入した場合はどうなるのか?

税関で止められてしまい、購入者の手元には届きません。
お金は払ったけど、バイアグラは手に届かないという事になります。

どうしても範囲を超えた個人輸入をしたい場合は、厚生労働省に薬監証明などの提出が必要となります。
もちろんそこまでしてバイアグラを買う人はいないです。
一回で大量に輸入しようとするのではなく、決められた数量内を購入し、無くなりそうになったら新たに購入する流れが適正です。
バイアグラは1日1錠の服用と定められていますので、それ以上服用は避け、24時間以上たってから服用して下さい。

その他メニュー