バイアグラ(ばいあぐら)を通販で購入する場合の安全性は大丈夫なのか?購入方法など解説します。通販の方がはるかにお得です。

  1. HOME
  2. >
  3. バイアグラ(バイヤグラ)の通販の安全性

バイアグラの通販の安全性

バイアグラは通販を利用すれば、病院に行かずに簡単に購入する事ができます。ですが、気になるのは安全性ではないでしょうか?安全かと言われると、安全とも言えるし安全でないとも言えます。

というのは、このような通販サイトの中には、偽物のバイアグラを販売している悪質な業者があるのです。ある調査によると通販で販売されているお薬のうち、半数以上が偽物であったという結果があります。偽物は、効果がないだけでなく、有害な物質が含まれている場合もあるため、健康被害が起こってしまう危険があります。

ですので、このような悪質な業者は絶対に避けなくてはいけません。通販サイトを選ぶ際の注意点は下記になります。
・クレジット決済ができるか
・電話対応をしているか
・100%正規品を保証しているか
・口コミなどでおかしなものはないか
・不良品があった場合は交換してもらえるか
・極端に安すぎないか
以上の点は必ずチェックするようにしましょう。特に、他のサイトに比べて極端に安い場合は注意が必要です。

優良な通販サイトを選べば日本で販売されているバイアグラを安く、しかも簡単に誰にも知られずに購入する事ができます。パッケージなどは海外製品ですので英語などになっていますが、薬は日本のものと完全に同じです。購入する前にサイトに問い合わせをしてみて、誠実な対応をしてくれるかを確認するのもいいでしょう。

一度利用して信頼できるサイトだとわかれば、あとはそのサイトを利用し続けるだけでいいのです。最初は手間かもしれませんが、必ず確認するようにしましょう。

バイアグラの価格は通販の方がお得

バイアグラは、ファイザー製薬から販売されております。
日本国内では、厚生労働省により病院などで処方してもらうことでしか購入できません。
そして、薬価基準未収載のため、保険の適用がされません。
自由診療ですので、すべて自費となります。
バイアグラの値段は医療機関により様々ですが、1錠1500円から3000円だと言われています。
中でも東京の病院は一番相場が安いとされています。
病院 しかし、薬事法により、日本国内での処方薬の郵送は禁止されていますので、遠方の方が東京の病院のバイアグラを取り寄せることはできないのです。
そして、病院で診断して処方してもらうとなると、もちろん初診代、診療代、交通費など様々な費用がかかります
ED治療したいのに、病院へ行ってバイアグラを購入するには少し高額すぎると躊躇されている方が多いのも今現在の現状です。

では、どうすればいいのかと?とお悩みでしょうが、一番お得に購入する方法、それは海外からの個人輸入です。
海外から個人で使用するためにインターネットなどで輸入することは認められているのです。
病院へ行かず、バイアグラがネットで購入できるので、診断料などが必要なくなるのでその分お得になります。
また。通販では日本では販売されていないカマグラなどの様々な種類のバイアグラジェネリックが販売されていて、成分や効果は同じでありながら、4分の1から半額程度の価格で購入する事ができるのです。男性用以外に、女性用バイアグラも販売されています。
価格でバイアグラを諦めていた方は、通販を利用しない手はありません。

しかしいきなり、輸入となると難しいのが当たり前です。
そこで個人輸入代行サイトを使用することにより、間に入ってもらって輸入できるので、英語などが出来なくても問題ありません。
購入価格によっては送料が無料にもなるところもあるので、薬代だけで済みます。
しかし、サイトによって値段がバラバラですので、あまりにも安すぎるのは少し怪しいかもしれません。
バイアグラを購入するには、適正価格で販売してる、信頼を置けるサイトで購入するのが、今現在日本で購入できる一番お得な方法となります。

バイアグラを通販で購入する方法

パソコンとスマートフォン 国内での郵送はできませんが、海外から個人で輸入することは可能となります。
直接輸入するとなると難しいですが、輸入代行サイトなどを利用することにより簡単にバイアグラを入手することができます。
輸入代行サイトが間に挟まりますので、直接やり取りなどしないので英語などできなくても大丈夫です。
パソコンやスマートフォンから注文して、家に届けてくれるのでプライバシーなどは守られ誰にもバイアグラの購入を知られることはありません。
そして、海外製品をネットで購入するわけですので、病院の処方代もかからず値段も比較的安価に購入ができるという事です。

海外からの個人輸入代行ですがデメリットの部分も少なからずあります。
まず、海外から発送するので、注文してから手に入るまで時間がかかるという事です。
1週間から2週間はかかります。
代行サイトをいつも使用してる人は、薬がきれそうな頃合いを考えてちょうどいいタイミングで注文してます。
一回目は戸惑うかもしれませんが、二回目以降は安心して注文できます。
また、中には偽物を販売する悪質なサイトもありますので注意しましょう。
正規品保証をしているサイトは安心ですので見極めることが大事です。
他の人に購入を知られたくない、安く購入したい人にとっては、個人輸入代行サイトで購入することが今日本でできるベストな購入方法となります。

バイアグラを処方して貰う人は少数派

バイアグラは、実際病院などで処方してもらって購入する人は少ないことをご存知でしょうか?

日本でバイアグラなどのED治療薬があまり普及していない事には、ほとんどの人が通販を利用してこっそり購入しているという事も考えられます。 日本では病院で処方してもらうには、様々な壁があります。 病院で処方してもらうにはまずEDを打ち明けなければなりません。
いくら医師とはいえ、他人には相談しにくい内容です。
そして、女性などがいるクリニックなどは余計足が運ばない方がほとんどです。
しかも、日本国内では薬事法より、処方箋薬などは郵送が認められていませんので病院から郵送してもらうことは不可能です。

そこでバイアグラを入手するために多くの人は、海外から個人で輸入しています
日本国内での郵送は認められていませんが、海外から個人で使用するために輸入することは認められています。
海外から輸入は難しそうですが、実はとても簡単なのです。
インターネットで、代行輸入サイトがあります。
そこで、通常のインターネット販売と同じように購入するだけです。
代行輸入してくれますので、直接海外とやり取りするわけでもないですので、英語などできなくて大丈夫です。
しかも、信頼できるサイトであれば、海外から輸入して偽物だったという失敗もありませんので安心です。

代行サイトを使用する際デメリットは、注文してから時間がかかるという事です。
海外から発送しますので国際郵便はとても時間がかかります。

インターネットで購入できるのであれば、誰にも知られずバイアグラが購入できます
しかも値段も、日本国内で病院で処方してもらうより安価に購入できます。
診断料や、初診料もかかりませんので、インターネットで購入する人が多いのも納得の理由です。

海外通販の流通について

日本国内で、処方箋薬を医師の診断なしに郵送等で送ることは基本的にできません。
輸入 しかし、海外から個人で使用する場合のみにインターネットなどで購入することは認められています
ED(勃起不全)になったけど、病院へ行く事に抵抗がある、誰にも病気のことを知られたくない、病院の診察代がもったいないなど、理由はそれぞれですが、何かしら病院へ行かずに治療薬を手に入れたいとお考えの方は多いと思います。
ED治療薬は保険適用外ですので、病院で処方してもらっても保険が使えません。
一番安心、安全なのは病院で処方してもらう事なのですが、保険が使えないのであれば、病院で処方してもらうメリットが少なくなってしまいます。

海外から個人輸入として処方箋薬を郵送してもらう場合ですが、原則として本人が使用する場合のみです。
大量に購入して、日本国内でインターネットで販売するという事はできません。
それゆえに、バイアグラを個人輸入できる数量は決まっています。
処方箋薬などは用法容量などをみて1ヶ月分以内と定められています。
海外では食品として販売されていても(サプリメントも含む)医薬品成分などを含んでいたり、医薬品と同じような効能などが得られるものは、医薬品として判断される場合もあります。
例えば、バイアグラは1日1錠の服用方法ですので、最高で30錠分しか購入ができません。

海外通販 では、どのような流れで海外から輸入されるのか説明いたします。
輸入代行サイトを使用した場合、スマホや、パソコンなどでインターネットを使用して商品を選択します。
サイトによっても支払方法は違うと思われますが、カード払いや銀行での先払いがほとんどです。
なぜなら、あくまでも個人輸入を代行しているので、代引きなどは利用ができません
そして支払いを確認できて初めて海外から商品が送られてきます。

海外から送られてきたものは、税関を通ってチェックされます。
そこで、薬などが定められた量よりも多かった場合は、税関で止められてしまう場合があります
チェックして異常がなかった時はそのまま神奈川県にある郵便局へ一回送られます。
そこの郵便局から、最終的に購入者の元へ郵送されます。
日本国内の郵送と違って、10日ほど時間がかかってしまうのにはこの一連の流れが理由となります。
海外から購入した治療薬はすべて自己責任ですので、量や、服用方法などは必ず確認してから購入するようにしましょう。

バイアグラの海外通販の梱包や配送、プライバシーについて

海外から薬を個人輸入する場合、購入者がまず心配することはプライバシー問題だと思われます。
風邪薬や、頭痛薬などはあまり気にならいでしょうが、バイアグラなど性に関係する薬や、精神的作用の治療薬など、家族に知られたくない場合などがあります。
インターネットで海外から治療薬を購入する方はあまり知られたくない問題を抱えて購入する方がほとんどです。

郵便局 家に送られると困るという方は、お近くの指定の郵便局留めと言う方法も可能です。
近くの郵便局まで送ってもらって、自分で取りに行きます。
この方法ならば、自分がいない時に家族が薬を受け取ってしまう事は決してありません。
家に直接届けてもらう場合でも、梱包に細心の注意を払っていますので何が中に入ってるか一見分からないようになっています。

薬は小さい段ボール箱に入って送られてきます。
間違っても透明の袋や、外から何が入ってるか見える箱や、封筒などで送られてくることはないので安心してください
商品そのものは、パッケージなどにわかりやすく英語などで薬名が表記されているので、もちろん箱を開けてしまえば何の商品かは一目瞭然ですので注意が必要です。
もちろん税関や郵便局などを通る製品ですので、商品名が記載されてないとだめですが、安心してください。
そこも具体的な商品名などを記載せず、周りにわからないように配慮されています。
具体的な商品名でなく、何が記載されているの?と疑問でしょうが、「サプリメント」「ドラック」「メディシン」などが英語で記載されていることがほとんどです。
なんだかよくわからないものが送られてきたな、ぐらいにしか思われないので安心して配達してもらえます。

ダンボール そして海外からの発送で、飛行機なども経由して送られてくるので破損などの心配もあります。
その点も、きちんとエアークッションなどで梱包されていますので安心して荷物を待つことができます。
海外から個人で薬を輸入することで家族に中身を知られるのではないか、などのプライバシー問題でお悩みの方も大勢いらっしゃいます。
これらの理由から代行サイトを使用することで、プライバシー問題は解決できます
配送方法も郵便局留めなど選べますので、状況に合わせて選ぶことができます。

その他メニュー