ジェネリック医薬品とは、特許が切れた新薬と同じ有効成分で開発されたものです。開発費用が抑えられるため、薬価が安くなります。

  1. HOME
  2. >
  3. ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品とは

最近よく耳にする「ジェネリック医薬品」という言葉。テレビや薬局などで一度は聞いたことがあることと思います。
多くの方は「ジェネリック医薬品=安い」という印象をお持ちではないでしょうか。これは間違いではありません。
それではなぜジェネリック医薬品は安いのでしょうか?ここではジェネリック医薬品について分かりやすく解説させて頂きます。

まず、医薬品は必ず「先発薬(新薬)」と「後発薬(ジェネリック医薬品)」のどちらかに分類されます。
例えばバイアグラの場合、バイアグラが先発薬でカマグラ(カマグラゴールド)シラグラがジェネリック医薬品です。
名前の通り、新しく0から開発されたものが「先発薬(新薬)」です。
対して、先発薬と同じ有効成分を利用して開発され、先発薬と同等の効果を持つのが後発薬、すなわち「ジェネリック医薬品」です。
誤解を承知で一言で表すなら「先発薬のマネ」をして開発した医薬品がジェネリック医薬品です。

とはいえ、新薬の開発には長い年月と巨額の費用がかかっているため、開発したそばからマネをされたのではたまったものではありません。
そのため、新薬を開発する際には同時に特許権を取得します。
この特許は20年で切れるため、特許が切れたところで同一成分の薬を開発・製造したのがジェネリック医薬品です。
新たに有効成分を開発する必要がない分、開発にかかる費用は大幅に抑えることができます。
新薬を開発する際の費用は数百億円と言われていますので、開発費の違いは雲泥の差です。
この費用の差が販売価格にも反映しており、「ジェネリック医薬品=安い」ということになるわけです。

この値段の安さから、人によっては「安かろう悪かろう」と考える方もいるようですが、そのようなことは一切ありません。
ジェネリック医薬品は国が定める試験において、先発薬と同等の効果が認められないと承認されません。
同じ有効成分が配合されていても、効果が異なれば販売は認められないため、効果もしっかりと国のお墨付きというわけです。

つまり『先発薬と同じ有効成分、同じ効果、しかも安い!』のがジェネリック医薬品ということです。

日本人の多くは先述の通り、「高い物の方が良い物」という認識があるため、ジェネリック医薬品の普及は全体の40%程度です。
しかし、欧米では合理的な考え方が多いことから普及が進んでおり、特にアメリカでは90%以上の普及率となっています。
ジェネリック医薬品が普及することで高額な医療費を抑えることが出来るため、日本でもジェネリック医薬品の普及率を高めようと政府が様々な政策を押し出しているのが現状です。

後世の日本のためにも、一人一人が意識を変え協力する必要があると思います。
薬局などで薬を処方される際には「ジェネリック薬もありますがどちらにしますか?」と薬剤師に聞かれることがあると思いますので、試されたことの無い方は一度試してみてはいかがでしょうか。

その他メニュー