バイアグラには様々な種類のジェネリックが販売されています。効果、成分は同じですが、通販で格安で購入する事が可能です。

  1. HOME
  2. >
  3. バイアグラジェネリックの種類

バイアグラ・ジェネリックは種類が豊富

ED治療薬の中で最も有名なバイアグラですがジェネリック医薬品があるのをご存知でしょうか?日本では保険が効かない薬ですので、価格がネックになって諦めた、あるいは継続して服用するのが難しい、という方も多いようです。

バイアグラのジェネリックでしたら、効果、有効成分などは同じでありながら、1錠400円前後と4分の1程度の価格で購入する事が可能です。価格でお悩みの方は、是非ジェネリックを利用してみましょう。ただし、あまりにも種類が多くてどれを選んだらいいのかわからない、という方も多いかもしれません。そんな方のために、人気の海外製のバイアグラジェネリックをご紹介します。

カマグラ(カマグラゴールド)

カマグラ バイアグラのジェネリックとして最も人気なのはカマグラです。まとめて購入すれば最安で1錠368円で購入する事が可能です。 カマグラには50mgと100mgしかありませんが、日本人では効果が強い場合が多いのでピルカッターなどでカットして服用すればさらにお得になります。また、カマグラは錠剤以外にもゼリータイプやチュアブルタイプなどもありますので、錠剤が苦手な方、水なしで服用したい方などにもおすすめです。

>> カマグラの詳細

シラグラ

シラグラ シラグラは100mgのみが販売されています。1錠400~500円になりますが、こちらも半分に割って服用すればかなりお得になります。シラグラは割り易いように錠剤に割れ目が入っていますので、手でも簡単に割る事ができるためお手軽です。大手製薬会社のシプラ社によって製造されているので安心して利用できます。

>> シラグラの詳細、体験談

ピーフォースフォート

ピーフォースフォート ピーフォースフォートは用量の多さが特徴です。1錠なんと150mgです。糖尿病の方や肥満気味の方はED治療薬が効果がないという場合もありますが、そのような方にはピーフォースフォートがおすすめです。また、体質的に薬を分解しやすい方や効きにくいという方でもピーフォースフォートでしたら効果を得られる事が期待できます。ただし、その分副作用が強くなってしまう危険があります。まずは少量から試してみましょう。価格は1錠200円前後になりますので、コスト面でもお得なお薬です。

>> ピーフォースフォートの詳細

シルダリスト

シルダリスト シルダリストは、現在世界にあるED治療薬の中で最も効果が強いとも言われています。そのため服用する際には少量から試すなど注意が必要になりますが効果は絶大です。バイアグラの成分とシアリスの成分が配合されているため、バイアグラの勃起力とシアリスの持続時間両方を兼ね備えています。また、シアリス同様食事の影響が受けにくいとされています。強さも持続時間もほしいという方におすすめです。

>> シルダリストの詳細

シルビトラ

シルビトラ シルビトラはバイアグラとレビトラの成分が配合されたお薬です。バイアグラの勃起力とレビトラの即効性があり、早ければ15分ほどで効果があらわれるため、服用するタイミングを選びません。シルビトラは特に肥満気味の方や糖尿病の方に効果があると言われています。他のED治療薬では効果がなかったという方にはシルビトラが特におすすめです。

>> シルビトラの詳細、体験談

スーパーカマグラ

EDと早漏にお悩みの方はスーパーカマグラがおすすめです。このふたつは併発する事が多い症状なのですが、スーパーカマグラはバイアグラの成分の他に早漏改善効果がある成分も配合されているため、1錠服用するだけでEDも早漏も改善する事ができる大変便利なお薬です。スーパーカマグラを服用すれば男性の悩みを一度で解決してくれ、自信を持つ事ができます。

>> スーパーカマグラの詳細、使用方法

女性用バイアグラ(ラブグラ)

ラブグラ バイアグラは男性用の治療薬ですので、女性の服用はおすすめできません。女性には陰茎もありませんし勃起もありませんが、不感症、性交痛、イった事がない、などでお悩みの方は大勢いらっしゃいます。そのような方には女性用バイアグラのラブグラがおすすめです。血行をよくし、感度をあげてくれます。不感症の改善、性交痛の緩和など効果的です。特に女性は更年期前後になると濡れ難くなってしまうので、そのような年齢の女性にも愛用されています。

>> 女性用バイアグラの詳細、副作用

国産のバイアグラジェネリック

バイアグラは特許が切れているため、日本でも既にジェネリックは販売されています。ですが、国産のバイアグラジェネリックは価格が1000円前後します。病院で処方される場合、1錠1500円前後ですので、価格的にはあまり魅力的とは言えません。価格で選ぶなら、やはり1錠200~400円程度で購入できる海外製のバイアグラジェネリックがおすすめです。

バイアグラのジェネリックは、海外には非常に多くの種類があり、ご自分にあったものを選ぶ事ができます。バイアグラのジェネリック医薬品はバイアグラと同じ効能、同じ安全性があり、そして尚且つ値段もバイアグラよりかなり安価に購入できるのです。

ただしこれらのジェネリックは日本では販売されていないので、購入するには通販で購入する形になります。海外からバイアグラを個人輸入する際、輸入代行サービスを利用しますが、値段の安価なジェネリック医薬品を選ぶ方がほとんどです。

同じ効果で安く購入できるのであれば人気な理由も納得できます。バイアグラのジェネリックを海外から購入する際ですが、輸入代行サービスを上手に使い、安心なサイトか確認してから購入しましょう。

>> バイアグラの通販の詳細

ジェネリック医薬品とは

錠剤 最近よく耳にする「ジェネリック医薬品」という言葉。テレビや薬局などで一度は聞いたことがあることと思います。
多くの方は「ジェネリック医薬品=安い」という印象をお持ちではないでしょうか。これは間違いではありません。
それではなぜジェネリック医薬品は安いのでしょうか?ここではジェネリック医薬品について分かりやすく解説させて頂きます。

まず、医薬品は必ず「先発薬(新薬)」と「後発薬(ジェネリック医薬品)」のどちらかに分類されます。
例えばバイアグラの場合、バイアグラが先発薬でカマグラ(カマグラゴールド)シラグラがジェネリック医薬品です。
名前の通り、新しく0から開発されたものが「先発薬(新薬)」です。
対して、先発薬と同じ有効成分を利用して開発され、先発薬と同等の効果を持つのが後発薬、すなわち「ジェネリック医薬品」です。
誤解を承知で一言で表すなら「先発薬のマネ」をして開発した医薬品がジェネリック医薬品です。

とはいえ、新薬の開発には長い年月と巨額の費用がかかっているため、開発したそばからマネをされたのではたまったものではありません。
そのため、新薬を開発する際には同時に特許権を取得します。
この特許は20年で切れるため、特許が切れたところで同一成分の薬を開発・製造したのがジェネリック医薬品です。
新たに有効成分を開発する必要がない分、開発にかかる費用は大幅に抑えることができます。
新薬を開発する際の費用は数百億円と言われていますので、開発費の違いは雲泥の差です。
この費用の差が販売価格にも反映しており、「ジェネリック医薬品=安い」ということになるわけです。

この値段の安さから、人によっては「安かろう悪かろう」と考える方もいるようですが、そのようなことは一切ありません。
ジェネリック医薬品は国が定める試験において、先発薬と同等の効果が認められないと承認されません。
同じ有効成分が配合されていても、効果が異なれば販売は認められないため、効果もしっかりと国のお墨付きというわけです。

つまり『先発薬と同じ有効成分、同じ効果、しかも安い!』のがジェネリック医薬品ということです。

日本人の多くは先述の通り、「高い物の方が良い物」という認識があるため、ジェネリック医薬品の普及は全体の40%程度です。
しかし、欧米では合理的な考え方が多いことから普及が進んでおり、特にアメリカでは90%以上の普及率となっています。
ジェネリック医薬品が普及することで高額な医療費を抑えることが出来るため、日本でもジェネリック医薬品の普及率を高めようと政府が様々な政策を押し出しているのが現状です。

後世の日本のためにも、一人一人が意識を変え協力する必要があると思います。
薬局などで薬を処方される際には「ジェネリック薬もありますがどちらにしますか?」と薬剤師に聞かれることがあると思いますので、試されたことの無い方は一度試してみてはいかがでしょうか。

その他メニュー