EDが起きる原因には、加齢や生活習慣病による器質性と、精神面のストレスなどが原因の心因性があります。

  1. HOME
  2. >
  3. EDの原因

EDの原因

男性特有の症状ED、日本語で勃起不全とも呼ばれてるのですがその名の通り、勃起が十分にできず性行為が満足に行えない事を指します。
EDには様々な症状があり、完璧に勃起ができないのはモチロンですが、最初は勃起できるが続いてくれない、挿入している最中に萎えてしまう、勃起するのに時間がかかってしまうなども含まれます。

鼓動 ではなぜEDになってしまうのでしょう?
その原因は血液の流れに関係してきます。
男性が勃起するシステムは、脳で何かしら性的な興奮や性的な刺激を受け、信号を送り大量の血液を陰茎の海綿体へ送り込みます
大量の血液が陰茎の海綿体に流れ込むことで、ペニスが大きくなり、硬くなるのです。
ペニスにある血管は他のものよりも繊細なもので、血液の流れが悪いと影響されやすくなっています。
年齢を増すごとに、血液の流れは悪くなっていくので、勃起できずらくなってしまうのは、それらが理由と考えられています。
特に生活病と呼ばれている糖尿病や、高血圧は血管の神経が通常よりも働きが悪いので、約7割の患者がEDも併発してるとされています。
他にも血液循環に異常をもたらす疾患は勃起不全を引き起こせ鵜可能性が高いので気を付けましょう。
病気などでEDになってしまう事を器質性のEDと呼ぶのですが、他にも心因性のEDと呼ばれるものがあります。

心因性のEDは主に精神面からくるストレスなどが原因で性行為時に勃起が十分に行えない事を指します。
勃起は脳から伝達されることにより起こりますので、精神面でのストレスがあると、伝達がうまくできなくなってしまいます。
特に、自慰行為時は勃起できるのに、SEXを行う時になると勃起が十分にできなくなってしまう方は心因性のEDを疑ったほうがよさそうです。
社会的ストレスもありますが、多くは、性的行為に対するトラウマや、何かしらの性行為のプレッシャーなどになります。
プレッシャーを与えられると、自律神経がうまく働かず、興奮材料が通常通りに伝達されません。
伝達されないと血液も十分に陰茎の海綿体へ流れていきませんので十分な勃起に至りません。
EDのほとんどの原因はすべて血管に通じますので、血管異常を解決することで症状は改善されます
ストレスの要因を排除することは不可能に近いですが、少しでも症状が良くなることによって、EDを改善させる事は可能です。

その他メニュー