ED(勃起不全)とは、男性器自体には問題がないのに十分な勃起ができず満足な性行為が行えない状態をいいます。

  1. HOME
  2. >
  3. EDとは

EDとは

落ち込む男性 男性の性器(ペニス)自体に問題がないにもかかわらず、十分に勃起ができず、満足な性行為が行えない症状をED(イーディー)と呼びます。
この症状は、インポテンツと呼ばれたりしていたのですが、略してインポなどと男性に対する差別用語として用いられることが多いことから、現在ではあまり使われなくなりました。
医学界ではEDや勃起不全と呼ばれ、昨今ではCMやインターネット広告などで知られるようになり認知度も以前よりは高くなっております。

EDで悩んでる人は年々増加の傾向にあり、高年齢の方だけでなく、若い世代にも悩んでる方は多くいらっしゃいます。
15年ほど前のデータによると4人に1人の成人男性が勃起に関して何かしら悩んでるとされていますが、現代ではその割合を大きく上回っているとされています。
完全に勃起できない症状はもちろんですが、勃起はできるが挿入の途中で萎れてしまうや、勃起するのに時間がかかってしまうなど中度の勃起不全の症状もEDに含まれます。
性行為の際にとありますので、マスターベーション(自慰行為)の時は勃起できるけど、パートナーといざセックスをすると起たなくなってしまう方も含まれます。

男性が勃起するメカニズムは、脳で感じそれを男性性器に伝達され、陰茎海綿体に血液が大量に流れ込むことで、男性性器が固く大きくなるのです。
その伝達システムがうまくいかないと、勃起が十分でなかったり、全くできなくなったりしてしまうのです。
年齢が増すにつれ、十分に勃起できなくなるのは血行の流れが悪くなったり、神経伝達にも障害が起こるためですが、病気によっても症状は引き起こされます。
生活習慣病の糖尿病や、高血圧など血管に何らかの異常が出てしまう疾患などはEDになりやすいです。

そして、若い世代でEDになってしまう多くの原因は精神的要因からだとされています。
現代社会、ストレスはつきもので、人間関係、仕事の悩み、金銭問題、など様々なストレスを抱えています。
特に恋人や夫婦間での問題は勃起障害に繋がりやすく、プレッシャーなどで勃起できなくなる方もいらっしゃいます。
パートナーに期待をされると余計起たなくなってしまうなど、期待に応えなくてはとのストレスから症状が出てしまいます。
EDは病気や年齢を増すことにより引き起こされますが、精神面での問題が一番大きくなっています。

その他メニュー